トップページ 新着情報 商品案内 管理方法 よくある質問
通信販売法表記 会社概要 交通案内   お問い合わせ



トピアリー(鉢植えタイプ)を例にとりトピアリーの上手な管理方法、注意点をご案内致します。
 トピアリーの管理方法ですがよく「難しい」と言われますがなれさえすればたいして難しいものではありません。大きく分けると、「水管理」・「環境管理」・「肥料管理」に分かれますがまず一番大切な水管理から説明します。

@水管理
 基本的には乾いたら与える。逆にいえば乾いてない時は与えてはいけない。といってもこの判断が一番難しいところですが「鉢土の表面の乾き具合」・「植物の葉の状態」などで判断します。乾き具合は「置き場」・「季節」など環境によってかなり差が出てくるので一概にこれと決められる間隔はありません、自分で管理してみてその間隔をつかみましょう。また、植物が成長するにしたがって根も充実してくる為水を多く必要とするようになるので管理しながら覚えていきましょう。また、本来、春〜秋は生長期となる為水は多少多めでもかまわないが、冬場はあまり生長しない為多く与えすぎると根腐りの原因となるので注意しましょう。

 水を与える大体のの目安として、春〜秋で週2回程度、冬場は1回というのが目安となりますが、環境によりかなり乾き具合が違うので注意しましょう。(例えば、エアコンの近くなどは冬場でも週3回与えなければいけない事もあります。)水を与える量ですが、鉢の底から溢れるまで(土全体が湿るまで)与えてください。土全体を湿らす事により根が回りやすくなる為成長も早くなり水持ちもよくなります。逆に植物の回りにしか水を与えないと根が回らない為水が切れやすくなり植物が枯れる場合が多くなりますので水は土全体に行き渡るように与えましょう。一番よく聞かれる与え方ですが、これは2種類あって・・・

 @ミズゴケの頭から掛ける
 Aミズゴケに掛からないように掛ける

の2つに分けられます。

 @の頭から掛ける場合の利点として「生育がよくなる」・「水持ちがよくなる」などありますが欠点もあります。それは頭から掛ける為ミズゴケがどうしても汚くなってしまう事です。これは鑑賞方法にもよりますが(わざと頭からかけて全体を植物で覆う方法)一般には見た目がよくないのであまり勧められません。

 Aのミズゴケに掛からないように掛ける場合の利点としては、「ミズゴケがきれいなまま長い間楽しめる」で一方欠点としては水を掛けにくいという事だけなので長く楽しむ為には是非こちらの方法をお勧めします。


A肥料管理
 肥料管理は基本として肥料を必要としているかどうかを見極めなければなりません。これがなかなか素人目には大変な事です。ではどうやって見分けるかというと植物の葉の色です。例えば植物を「プミラ」とした場合本来プミラの葉は白色と緑色がくっきりと別れていますが肥料が切れてくると葉の中の緑色が薄くなって黄色っぽくなってきます。これはすでに肥料切れの状態ですので肥料を与える必要があります。

 また、肥料は完全に切れてしまうとなかなか効きにくいので切れてきたかなと思ったらなるべく早めに与えましょう。肥料の量はトピアリー5号鉢植物プミラの場合1回に化成肥料(弊社ではI・B化成)で5粒位の量を与えます。肥料の種類によって与える量はさまざまなので肥料の説明書やお店の人に聞いて与えてください。


B環境管理
 環境管理としては置き場の問題があります。一般に室内の明るい所(直射日光は避ける)が理想となります。エアコンの噴出し口の下・ストーブ、ヒーターの近くなどは乾き過ぎる為出来るだけ避けてください。また、春〜秋には玄関先などの雨のあたらない所なら屋外でも充分管理できます。この時室内の時と水管理が変わるので注意してください。

 植物が伸び過ぎてきたら好きな長さを残してハサミで切ってください。(5cm〜10cm残すのが理想)この時一緒に肥料を与えると一番効果的です。また、切る時期は4月〜9月までにしてください。(生長期)


Copyligft(C)2000 HORAKUEN .All Right Reserved     URL http://www.horakuen.com E-mail:info@horakuen.com